Hiroshi’s 3D diary

海外短波放送、3Dプリンターで作成したパズルの世界。記事中の時間はUTCです。

西蔵放送はどこから

ここ最近のDXLDで西蔵放送の送信所について論議がされている。西蔵語8つの周波数はラサから出ているとする意見とWRTHのように西安や霊石からも出ているとする考えだ。
Alm氏の言うように確かに今は全周波数の同期が取れており同一場所からと推測されHFCCのLhasaが正しいとも思える。実際のところ現地で調べなければ正確なことはわからないだろう。

過去ログを調べると、今年1月は4920、5240、6200、7125が遅れて聞こえていた。4905、6110、6130、7385がやや早くと言ったところ。
更に2006年1月の記録では、4905、4920、5240、6200、7125が早く聞こえ、6110、6130が逆に遅く聞こえていた。7385kHzはその中間だ。これらの状況などから異なる箇所から出ていると推定も出来る。

ちなみにCNR8が出ている時間は、西安送信(1300-1400の6010、7350、9480)が早く、この西蔵周波数は約3秒以上も遅れている。
この状況を見る限り、西蔵放送が西安からも出ていると言うことは合理性に欠ける。